Cloud Native PostgreSQL

EDB Cloud Native PostgreSQLとは



Kubernetes は、コンテナ化されたアプリケーションのデプロイやスケーリング、運用管理を自動化するためのオープンソースのプラットフォームです。
EDB社が開発し、提供しているKubernetes OperatorCloud Native PostgreSQLです。オペレーターとはアプリケーションなどのサービスを管理している人間のオペレーターの代役を務めることを目的としています。Kubernetes専用にGo言語で設計されKubernetes API Serverと完全統合しています。

EDB社はKubernetes財団メンバーでありKubernetes 認定サービス プロバイダー (KCSP)で、このステータスに到達したPostgreSQL企業です。
CNCFとはLinux 財団傘下の非営利団体で、Kubernetes をはじめとしたクラウドネイティブな OSS 技術の開発を推進しています。

なぜCloud Nativeが求められるのか?


最初からクラウド上で利用することを考えて作られたサービスやシステムのことをクラウドネイティブアプリケーションといいます。クラウドネイティブでアプリケーションを開発することで、どのようなクラウド環境でも正しく動作するアプリケーションを構築することが可能になります。

クラウドネイティブが求められる理由①

市場のニーズや新たなアイデアを
いち早くカタチに出来る!
クラウドネイティブが求められる理由②

顧客や市場のニーズに合わせて
改変が可能!

クラウドネイティブが求められる理由

需要に合わせて拡大・縮小が可能!
 

Kubernetes上にデータベースをのせるメリット
★メリット1★
開発とテストが迅速

すべての開発者がオンデマンドで各自のデータべースを持つことができるので開発とテストが迅速にできる。

★メリット2★
既存のEDBツールによるHA

EDB Postgres Failover ManagerのHA構成で、ソフトウェアまたはハードウェアに障害が発生した場合に自動的にスタンバイノードに切り替えデータの安全性を確保。

★メリット3★
バックアップと復元が一括管理

EDB Postgres Backup and RecoveryとPEMにより監視、管理、チューニングを組み合わせて一つのツールで処理がGUIでの操作。

★メリット4★
Oracleとの互換性

EDB Advanced ServerでOracleとの互換性やパフォーマンス・セキュリティ機能が実装。

Interactive Demoの紹介

誰でも使える、Cloud Native PostgreSQLのInteractive Demoの紹介
Kubernetes上にOperatorを使ってPostgreSQLをデプロイすると聞くととても難しそう、環境を準備するだけでハマりそう…と考えてしまう方も多いのではないでしょうか。EDBではKataKodaを利用して簡単にInteractive Demoを試せる環境が提供されていますのでご紹介いたします。
フリートライアル

EDB社HPよりフリートライアルがございますので是非お試しください!



SIOSが提供するご支援内容

タイトルとURLをコピーしました